マルチ接続用BACnet/IPゲートウェイ装置

型名 BP760-PM
納期 受注後1週間
発売 2018年3月
概要 最大32台のMELSEC、Sysmac、Modbusとイーサネットで接続できるBACnet/IPゲートウェイ装置です。
規格 RoHS

特長

  • MELSEC(MCプロトコル)、Sysmac(Finsプロトコル)、Modbus(Modbus/TCP)の各端末で構成されたシステムをBACnet ビルディングコントローラとして使用することが可能
  • 簡単に端末機器メモリとBACnet オブジェクトプロパティを関連付け可能
  • BACnetオブジェクトは、2,000点(推奨)設定可能
  • プロパティへのリードやライト、参入離脱の方式、COV やEvent との関連付けなど、各社のBACnetデバイスと接続でき、柔軟で拡張性が高い設定が可能
  • IPv6 プロトコルに対応

納品物

項目 数量 内容
本体ユニット 1 BP760-PMの本体です。
        
※Webサーバーを内蔵しておりLANケーブルとユニットを接続しIE(InternetExplorer)経由でユニットの設定が可能です。ユニットの設定に特別なツールは不要です。
電池ユニット 1 バックアップ機能用の電池ユニットです。
電池ユニット接続用コネクタ 2 本体ユニットと電池ユニットを接続するためのコネクタです。2個つながった状態で出荷されます。
CD-R 1 マニュアル、BACnet通信仕様書、ユーザ様ご登録用紙を格納しています。

ご用意いただくもの

品名 数量 用途
電源(DC24V) 1 本体ユニットに電源を供給するためのものです。
LANケーブル
※クロス・ストレートどちらも使用可能
3         
  • 本体ユニットとBACnetシステムとを接続するために使用します。
  • 本体ユニットと端末機器を接続するために使用します。
  • 本製品とパソコンを接続するために使用します。
パソコン(Windows7以上、IE/InternetExl) 1 本体ユニットとコンフィギュレーション機能を表示するために使用します。

一般仕様

           
項目 仕様
伝送仕様 コネクタ形状 RJ45
データ転送速度 100/10Mbps
転送モード 全二重/半二重
転送方法 ベースバンド
接続できる端末機器 SLMPプロトコル(MC)プロトコル
(例:三菱電機製MELSECなど)
最大32台
Finsプロトコル
(例:オムロン製SYSMAC など)
最大32台
ModbusTCPプロトコル
    (例:SYSMACなど)
最大32台
BACnet入出力点数 AI/AO/AV/BI/BO/BV/MI/MO/MV/AC/計量の合計で最大8,000点、推奨2,000点のオブジェクト
登録できるデータ変換式 アナログ変換式最大1,000個
バイナリ変換 最大1,000個
マルチステート変換 最大1,000個
内部メモリ64Mバイト
消費電流 DC24V 160mA/3.84W
外形寸法 本体ユニット 35.0mm(W)×99.0mm(H)×114.5mm(D)
電池ユニット 22.5mm (W)×99.0mm (H)×92.0mm(D)
質量 本体ユニット164.6g
電池ユニット 74g

使用環境条件(本体ユニット)

項目 仕様
使用周囲温度 0~55℃
使用周囲湿度 10~90%RH  ※結露なきこと
保存周囲温度 -20~65℃
保存周囲湿度 10~90%RH  ※結露なきこと
使用雰囲気 腐食性ガスがなく、じんあいがひどくないこと
使用標高 2,000m以下
設置場所 制御盤内
ノイズ耐量 IEC61000-4-4規格準拠試験:レベル3
IEC61000-4-2規格準拠試験:レベル4

使用環境条件(電池ユニット)

 
項目 仕様
使用周囲温度 -5~55℃
使用周囲湿度 40~80%RH  ※結露なきこと
保存周囲温度 -20~80℃
保存周囲湿度 40~80%RH  ※結露なきこと
使用雰囲気 腐食性ガスがなく、じんあいがひどくないこと
使用標高 2,000m以下
設置場所 制御盤内
耐ノイズ性 IEC61000-4-4に準拠、2KV(電源ライン)

BACnet規格

       
規格 対応
ANSI/ASHRAE Standard 135-2004
ANSI/ASHRAE Standard 135-2010 ○(※Ver1.2.0以降対応)
IEIEJ-P-0003:2000
IEIEJ-P-0003:2000アデンダムa
IEIEJ-G-0006:2006アデンダムa

単位:mm

本体ユニット

電池ユニット

構成例について

ゲートウェイをICONTとして使用する

BP760-PMをBACnet ICONTとして使用する構成例です。
BP760-PM は、MELSEC PLC(MCプロトコル)やSYSMAC PLC(FINSプロトコル)、MODBUS (TCP)の複数プロトコルに対応しており、それらをBACnetに接続することが可能です。また、混在することも可能です。
中央監視による状態監視、発停制御、スケジュール制御などが行なえます。また、ICONT側から他のデバイスに対してイベント通告やCOV通告も行うことが可能です。


BP760-PMを使用して、フロアごとにICONTを構築する

フロア毎にICONTを分散した構成例です。
分散することで、機器故障などのリスクも分散することが可能です。また、ポイント数が多く通信負荷が高い場合にも、分散することで通信負荷を低減することが可能です。


BP760-PMを使用して、既設B-BCをスケジュール管理する構成例

既設のBACnetシステムに対し、BP760-PM経由でスケジュール管理を行う構成例です。
他のBACnetオブジェクトに対し、制御を行うことが可能です。

■スケジュール機能の流れ
  • 参入時に中央監視のスケジュールを取得する(カレンダ連携機能)
  • BP760-PMがスケジュール通りに機器に対して制御を行う
  • 既設B-BC側にスケジュール登録は行わない。(スケジュールは未登録状態)
  • もしくは、既設B-BC側のスケジュール登録の優先度を、中央監視側のスケジュール優先度より低くする必要があります。


BP760-PMを使用して、既存BEMSを増設する


BP760-PMを使用して、既存BEMSの情報を取得し、自社システムに取り込む

既設のBEMSから情報を取り込み、新規に追加するシステムで活用することが可能です。
また、新規システム側から既設システム側へ発停なども行うことが可能です。
主にMODBUS (TCP)を使用し、自社システムと通信をするように構築します。


BP760-PMと表示器を組み合わせて、B-OWSとして使用する

表示器とBP760-PMを使用し、簡易HIMとしてシステムを構築することが可能です。
表示器で最新情報を表示しながら、発停を行うことが可能となります。
例えば、表示器のタッチパネルから、照明のON/OFFや、空調機の温度設定なども行うことが可能です。

※TrendLogオブジェクト、Scheduleオブジェクト、Calendarオブジェクトの対応が必要な場合は、中央監視の構築が可能なBAQ08V-OWS、もしくはWindows版BACnetドライバDLLが最適な製品となります。詳しくはサポート窓口までお問い合わせください。

トップへ戻る

フライヤー ダウンロード

製品 ダウンロード
BP760-PM

技術資料

下記資料のご請求は、こちらからお申込みください。
  • マニュアル
  • BACnet通信仕様書(ICONT用)

お問合せ先

購入・お問い合わせ

  • お見積り
  • 製品のご購入希望
  • 資料請求
  • 案件相談
  • 製品の貸出

OEM製品開発のご依頼

  • お探しの製品が無い場合は、お客様の要求事項に沿ったOEM製品を開発し提供いたします。(例:自社システムの空調機などをBACnetに対応したい)

>エンジニアリングのご依頼

  • 機器設定を依頼したい
  • ラダー作成をお願いしたい
  • 接続試験に同行してほしい

BACnet・製品の操作方法を学ぶ

ご購入後のサポート

  • うまく設定ができないので原因を知りたい
  • 開発したシステムの検証相手がほしい
  • 現場で通信トラブルが起きたので調査してほしい
  • 古くなった機器を交換したい

最新情報について

本製品の最新情報は下記をご覧ください。

お問合せはこちらまで

sales@uni-tec.co.jp
TEL:0586-87-7819
受付時間 9:00~17:00(土日・祝日除く)
FAX:0586-87-7815

最近の記事

  1. ブースで個別のBACnet・LONWORKS相談会を開催!招待状・個別相談会はE-mai...
  2. お客様各位2020年度 BACnetセミナー開催につきまして、下記の日程となります。