オブジェクト数について、具体的にどのDLL関数をどの様にコールすればオブジェクト数を取得することができるのでしょうか。

オブジェクト数は
ObjectListプロパティに対して、配列要素番号=0で
読み出すことにより取得可能です。
いろいろな方法がありますが、以下に1つの例を記載します。

{
ULONGDeviceInsnceNo;
ULONGObjectID;
intPropertyID;
intArrayIndex;
ULONGReadData;
tReturnCodeResult;
DeviceInsnceNo=1111;
ObjectID=8<<22; ObjectID+=DeviceInsnceNo; PropertyID=76;//ObjectList ArrayIndex=0; BD_ReadPropertyUnsigned(DeviceInsnceNo,ObjectID,PropertyID,ArrayIndex,&ReadData,&Result,2); if(Result.Result==0){ printf("ObjectCount=%lu\n",ReadData); }else{ printf("ReadError\n"); } (掲載日:2017年4月1日)

製品や開発依頼のお問合せはこちら

sales@uni-tec.co.jp
対応時間 9:00~12:00 13:00~17:00
TEL:0586-87-7819
対応時間 9:00~12:00 13:00~17:00
FAX:0586-87-7815
対応時間 9:00~12:00 13:00~17:00
    ※上記はそれぞれ土日祝を除く

最近の記事

  1. 第5回スマートビルディングExpoの出展社が公開されました。
  2. 9月18日(金)に生じておりました弊社複合機の不具合につきまして復旧し、送受信が可能となりましたの...